CD、DVDコピーマニュアル

コピーガードについて

 

著作権を保護するため、通常市販のDVDには複製防止技術(コピーガード)がかかっています。このようなDVDを複製することは法律違反になりますのでやめましょう。ここではコピーガードの種類と特性について紹介します。

 

マクロヴィジョン方式

米国Macrovision社が開発したコピーガードシステムで、これがかかったビデオソフトをVHSビデオデッキにダビングしようとしても、ダビングされた映像は極端に明るくなったり、暗くなったり、或いは著しく垂直同調が乱れたりして見るに堪えがたい画像になってしまいます。原理的にはVHSビデオデッキに搭載されている輝度処理回路のAGCという輝度入力信号を自動調整し、適切な輝度を保つ機能を誤動作させ、映像信号を入れることにより引き起こしています。実際、多くのテレビにはAGC回路が無いので映像が乱れることはないと言われており、また、そういった理由から市販DVDなどのソフトのパッケージに「DVDプレーヤーをビデオデッキ経由でテレビに接続すると画像が乱れることがあるので直接テレビに接続して下さい」と書かれていることが多いのですが、テレビとビデオの一体型機種であるテレビデオにでは、一部の機種で入力された映像が乱れて正常に表示されない場合があります。また、このマクロヴィジョン方式のコピーガードはAGC機能を備えるビデオデッキでなければ効果を発揮することが出来ないので、初期の頃のVHSやベータ・8ミリビデオやAGC機能を切った業務用ビデオデッキではコピーガードは働きません。また、過去に発売された製品の中には同期信号の入れ替えなどによってマクロヴィジョン方式が無効になってしまう録画機も一部存在しているようです。なお、日本においてはマクロヴィジョン方式のバリエーション的なものも存在していて、例えば「松竹方式」「シナノ企画方式」といったものなどが挙げられます。最近のDVDレコーダーやBDレコーダー等はこのマクロヴィジョン方式のコピーガード信号を検出したら自動的に録画停止になるなどの動作をするものも多くなっているのですが、上記で述べた同期信号を入れ替える一部の製品を経由して映像信号を入力する事でDVD-R/RW/RAM、BD-R/RE等のメディアへの録画が可能な場合があります。

 

CSS(Content Scramble System)

CSS(Content Scramble System)は、現在、多くのDVD-Videoソフトで採用されているコンテンツ暗号化システムです。映像コンテンツを暗号化して、その暗号鍵を複製できないエリアに記録するもので、これが施されたソフトはパソコンなどで単純にコピーしても暗号鍵自体は複製できないため再生できなくなります。しかし、リアルネットワークス子会社のDVD-Video再生ソフトウェアにCSSの解除キーが暗号化されずに埋め込まれており、これをノルウェーの当時16歳の少年ヨン・レック・ヨハンセンが解析、1999年にCSS回避ツールDeCSSを開発・公開しました。そのため、現在ではDeCSSと同種のソフトウェアが多数インターネットなどで出回り、容易にCSSを解除できるようになってしまっているのが現状です。なお現在のところ、CSSの位置づけは「アクセスコントロール技術」であり、著作権法で保護されているコピーガードには該当しないというのが文化審議会の見方です。

 

CGMS-A(Copy Generation Management System - Analog)

この方式は、映像信号にコピー世代・コピー可否の管理情報をのせて、これに対応するレコーダーに相応の動作をさせるというもので、これには著作者の意図に従い「コピーフリー」「コピーワンス」「コピー禁止」などの信号を選択して付加することが出来るようになっています。アナログの映像信号ではCGMS-Aとして使用される。これにより、コピーが禁止されている映像をHDD・DVD・D-VHSレコーダーなどで録画しようとしても、レコーダー側が自動的に停止するなどして録画することが出来きません。しかし、あくまでレコーダー側のみの機能に依存するという特徴がるため、相応の動作をしないレコーダーだったり、レコーダーとの間でその信号が除去される、あるいは改竄されてしまう様な事があれば、事実上無力になる弱さを持っています。今のところは、VHS等のアナログ記録方式のレコーダーではこの影響を受けるものが無い。日本において地上波と衛星放送のデジタル放送(ISDB)で実施されているコピー制御は、このCGMSにより制御されています。放送開始当初は、一部の有料放送を除き、CGMS-Aの内容は、「コピーフリー」だったのですが、2004年4月5日からは、全てのチャンネルの全ての番組が「コピーワンス」に変更されました。これによって、多くの視聴者から反発の声があり、論争は今なお続いています。

 

check

Last update:2014/11/5