CD、DVDコピーマニュアル

DVDとは

 

今では誰もが聞いたことのあるDVDですが、本当の所を知らない方は以外と多いのではないかと思います。DVDとは、デジタルデータの記録媒体である光ディスクの一種で、形状やデータの記録・読み取り方式はCDとほぼ同じなのですが、記録容量ははるかに大きくなっているために、CDでは不可能だった長時間映像の記録ができることが特徴となります。現在では、従来からのビデオテープに並ぶ映像記録の主要メディアに位置づけられていて、映画やドキュメンタリー、ドラマなどさまざまな映像ソフトが市販されています。また、民生用カムコーダやノンリニア編集対応パソコンなどの普及に伴って、DVDを自主制作する一般消費者も年々増えてきています。

 

DVDは開発当初、動画を収録可能なCDの次世代光ディスクDigital Video Discとして企画されていました。しかし用途はビデオだけに限定されないということから、その名称には疑問の声がありました。しかし、略称であるDVDが既に一般に定着していたことなどから、規格決定時には同じDVDが略称となるDigital Versatile Disc(デジタル ヴァーサタイル ディスク、Versatile=多用途の)と命名されましたが、あまり普及せず、最終的に元々略称であったDVDが正式名称であると決定されています。一般にはDVDフォーラム設立時にDigital Versatile Discと正式に定められたと言われていますが、他方でDVDフォーラムはDigital Versatile Discを正式名称とすることに合意していないという主張もあります。

 

 

どちらにしても、現在では「DVD」という名称が普通名詞として市民権を得ていて、一般的に「DVD」という場合は、DVD-Videoを指すことが多くなっています。このような理由からDVDがDigital Video Discの略称であるということは正式には間違いなのですが、正式名称を「DVD」としたことや、先の映像記憶媒体であるビデオテープから「V」と言えば「Video」を連想しますし、開発に至った経緯などもあり、Digital Video Discも俗称として限定的に使用されています。なお、DVDプレーヤーやDVDレコーダーなどの場合、パソコンとは異なり、基本的な用途がビデオと同様なので、“Digital Video Disc”の意味合いの方が強くなります。

 

DVDが市場にでる以前の1990年代初頭に、CDより高密度の光ディスク媒体の規格として、フィリップス・ソニー陣営によって「ultiMedia Compact Disc」が開発中であった一方で、東芝・タイム・ワーナー・松下電器・日立・パイオニア・トムソン・日本ビクターの連合により「Super Density Disc」という媒体も開発中でした。このとき、IBMのルー・ガースナー の仲介により、2つの規格を統合する合意に至ったため、1980年代のVHS対ベータ戦争の再来を避ける事ができると一旦は思われていました。このとき開発されていた、「Super Density Disc」のロゴは現在の、SDメモリーカードのロゴに継承されています。

 

しかし、その後各家電メーカーや映画会社から多数の注文をつけられたことによって「DVD-」、「DVD+」や、DVD-RWとDVD-RAMなど多数の派生規格を生むことになってしまいます。フィリップスとソニーは、MMCD規格の採用を諦める事と引き替えに東芝主導のSD規格につき、サーボトラッキング機構に関する2項目の修正を認める事で、両陣営は合意に至りました。1つ目の項目は、フィリップス・ソニーの特許技術である「プッシュプル式トラッキング」技術を可能とするためのピットジオメトリーの採用であり、2つ目は、Kees Immink の設計によるフィリップスの「EFMPlus」採用だったのですが、これは東芝のSDコードよりも効率が6%低かったため、SD規格自体の容量は5Gバイトであったが、結果的に4.7ギガバイトの容量となりました。EFMPlusは、ディスク面に対するひっかき傷や指紋等に対する耐障害性に大きく優れており、結果として、DVD specification Version 1.0が1995年に発表され、1996年9月に完成することとなります。


最終更新日:2015/3/10