CD、DVDコピーマニュアル

次世代メディアについて

 

最近では、地上デジタル放送の開始や、液晶テレビや、プラズマテレビなどの高画質テレビの開発などによって、映像の世界はより画質を求める傾向にあります。そのため、DVDでは要領が足りず、もっと大きな容量を持つ次世代メディアが注目されてきています。この次世代メディアはDVDの次の世代の光ディスクの総称であり、通常はHD DVDとBlu-ray Disc(BD)を指すことが多くなっています。この両者は、日本のメーカーを中心にアメリカの映画会社やパソコン会社などが両陣営に分かれて規格争いを繰り広げており、かつてのベータマックス・VHSによる家庭用VTRの規格競争を彷彿とさせていたのですが、東芝のHD DVD事業終息に伴いって、現在では事実上Blu-ray Discへの規格統一が成された事になっています。

 

Blu-ray DiscはBlu-ray Disc Associationにより策定されていて、HD DVDはこれまでDVD規格を策定してきたDVDフォーラムによって策定さています。そのためDVDの後継規格はHD DVDのみとされており、Blu-ray Discは独自に開発が行われているという理由から、厳密には次世代DVDと呼ぶのは正しくありません。しかしDVDが一般化されていることなどから、HD DVDとBlu-ray Discを含めて次世代DVDと呼ぶことがほとんどとなっています。次世代DVDのほか「新世代DVD」「高精細ビデオディスク」などと呼ばれることもあり、これらの総称は全て正式なものは一切ありません。HD DVD・Blu-ray Discの呼称がまだ消費者に浸透していないため日本のマスメディアではそれぞれの規格を支持している代表的な企業の名称を示し、「東芝陣営」「ソニー・松下陣営」と併記されることも多くなっています。また、ソニーや松下の広告戦略によって「ブルーレイ」は徐々に認知されつつあるが、HD DVDはハードディスク(HD)や従来のDVDと混同されやすく分かりにくいのではないかと言われています。2007年6月に発表された次世代DVDに関するアンケート調査ではこのような誤解を持った回答者が多かったため、一部項目ではHD DVDに関する有効なデータが得られなかったという話もあります。

 

そのためか、現在では上記のように東芝のHD DVD事業からの撤退に伴って次世代メディアは事実上BDへと規格統一されています。


pickup


Last update:2014/11/5